「ワークショップ」フランスの写真家Anthony Foudilと撮るペルーの景色

・観光地や綺麗な景色を楽しむだけでなく、現地の人がよく行く場所、よく利用する露店で
の食べ物などローカルなものも楽しめるワークショップです。
・現地の人と交流の場を設けているので、ペルーの文化や歴史、トルヒーヨで流行っている
ことなど現地の生の声を聞けます。
・ストリート系ファッションの世界と精通しているパリのフォトグラファー、
Anthony Foudil が景色の撮り方だけでなく人の撮り方に重点を置いて写真の暑英技術を教えます。
・色々な国を訪れたことのある Anthony Foudil から、フォトグラファーの国によって異なる仕事内容や撮影時の裏話など、フォトグラファーの様々な一面についても知ることができます。
・インカ帝国よりも前の遺跡と言われるチャンチャン遺跡や夕日が綺麗なワンチャコ、街の
人たちの活気で賑わっているセントルなどトルヒーヨの歴史、景色、ローカルな雰囲気をま
とめて味わうことができます。
パリ、東京、マイアミやロサンゼルス。世界を飛び回りながら、ファッションフォトグラファーとして活動しているAnthonyは、G-SHOCKやVEJA、CLUB75からBAPEのブランドの撮影を任されたり、フランスで有名なKDYBOOCREAやA-Talkなどとも撮影をしています。

10月6日(日)  夕食付き
ペルーのトルヒーヨにお集まりください。スタッフが空で参加者をお迎えしホテルまでお連
れします。気軽に町を探検したりワンチャコを眺めながらペルー料理を味ったりして最初の
夜をお楽しいください。
10月7日(月)  朝食付き
ワークショップ1日目の開始です。市の中心部である”plaza de armas”に訪れます。アンソ
ニーは時間の経過を捉えながら、ストリート写真の芸術を教えてくれます。
10月8日(火) 朝食付き
ワークショップ2日目です。午前にペルーのコーヒーを味わいながら簡単な編集セッション
を行います。午後はペルー人が”センター”と呼ぶ市内中心部へ行きます。ペルーのストリー
トフードを楽しみ、トルヒーヨの人たちのライフスタイルをカメラの一枚に納めることがで
きます。
10月9日(水曜日)  朝食付き
ワークショップ3日目です。この日は地元の地域を訪問し、当団体 Educate For
で働くスタッフの家族や愛らしい子供たちとコミュニケーションを取り仲良くなって頂きま
す。現地の生の声を聞いてみてください。
10月10日(木)  朝食・昼食付き
ワークショップ4日目です。短い編集セッションから始めます。他の人がどのようにポート
レート編集しているのか見ていきます。その後、ペルーでインカ帝国よりも古い意識である
チャンチャン遺跡を訪れます。ワンチャコに戻った後、海岸の景色を撮影するため海岸のそ
ばにある白い大きな教会にいきます。
10月11日(金) 朝食付き
ワークショップ5日目は。”casa campo”を訪れ、文化的なペルーの舞踊であるマリネラを堪能しながら、お土産を買ったり、ビーチでペルーのお酒ピスコやチルカノを楽しむこともできます。
10月12日(土) 朝食付き
ワークショップ最終です。トルヒーヨの最後の時間をお楽しみください。オプションツア10
月13日(日)
このオプションツアーはリマで行います。リマで私たちと合流するかトルヒーヨから一緒に
飛行機に乗るかです。参加の希望者は詳細について送ります。
21歳未満の方:850ドル
通常の方:1000ドル
※家族・友人と同じ部屋に泊まりたい方は申し込みの際、お伝えください。
料金に含まれているもの
・到着および出発時の送迎代
・ワークショップ中の交通費
・宿泊施設代※
・食事代※
・アクティビティと小旅行代※
※旅程に書かれているもののみとなります
料金に含まれていないもの
・航空費
・ビザ
・海外旅行保険
・旅行キャンセル料金
・旅程に乗っていない食事代
登録などに関しては、
kazunayama@educatefor.org にてお願いします。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.